●下に画像が続きます。↓キー又はスクロールでご覧下さい。

 

吉田様の鳩時計

( POPPO#13/手塚時計 )

↓下に画像が続きます。

 

 

鳩時計の修理(手塚時計の修理)POPPO#13

最大高39 最大巾32

 

 

フクロウの目が動くメカニズムです。

                            

 

構造がシンプルなので、その動作は極めて微妙です。

感だけが頼りの調整作業を延々と繰り返したおかげで、今回も製造時よりはるかに大きくフクロウの目が動きます。

 

 

磨耗して、歯車のかみ合わせが無くなった軸受けを元の形に戻します。(下)鳩時計の修理で最も重要な修理内容です。

 

 

上は、北海道の夕張から東京に着いた時の機械です。
車を思い浮かべると、歯車に油を差すのは当然ですから、
このように目一杯の注油を受けた次第です。しかし時計の場合、
腕時計を含めて歯車本体には(特例を除き)油を付けません。
逆に歯車本体の油分を取り除く事こそが時計の修理なのです。
意外に思われるでしょうが、時計はごく微細な力で働きます。
油が付くと潤滑の利点よりも粘りによる抵抗が勝ってしまい
動かなくなるのです。(まだ他にも様々な理由があります)

さて、このように「時計用」でない油を全体に付けてしまいますと
時計用の鉱物性洗浄液でもアルコール類でも、きれいに取り除くことは
出来ません。通常の何倍も繰り返し繰り返し時間と根気を注いでこそぎ
落すことになります。元の表面を取り戻すには、目で見ながら歯車の一歯
一歯までも仕上げてやらなければなりません。

 

 

どうですか、きれいになったでしょう。これも隅々まで、手作業でクリーニングするのですよ。

 

 

 

 

 

★NEW!浅野様(横浜市)の鳩時計( POPPO#73/手塚時計 ) 森山様の手塚時計・POPPO 中西様のPOPPO・フクロウの目が動く ●丸山さま■手塚(POPPO#85)はと●ポッポー●ぽっぽー ・染中様の(POPPO)木製鳩鳴きふいご ●(奈良部様)POPPO#105・手塚時計(ナチュラルウッド仕上げ)

★参考↑★

鳩時計・POPPO/手塚時計


鳩時計のページに)戻る

●鳩時計の修理について、お問い合わせはこちらです。


東京都 町田市 橋本時計店

20161205 修理履歴 カタログ